「21年、J2参入目標」J3藤枝MYFC代表、市長に方針

(2019/11/2 08:15)
来季以降の方針などを説明する鎌田代表(右)と徳田社長=藤枝市役所

 サッカーJ3藤枝MYFCの鎌田昌治代表と筆頭株主の静環検査センター(藤枝市)の徳田茂社長が1日、市役所を訪れ、2021年シーズンでのJ2参入を目指す方針を北村正平市長に報告した。
 藤枝MYFCは来季もJ3ライセンスを申請し、交付されることが決まっている。現在リーグ戦2位につけるが、J2自動昇格圏の2位以内に入っても来季はJ3にとどまる。J2昇格にはホームスタジアムである藤枝総合運動公園サッカー場の固定席の倍増やU―18チームの保有、トレーニングルームの整備などの条件がある。
 徳田社長はU―18選手の募集やトレーニングルームの設計を始めたことなどを挙げ、「チームの経営基盤の安定化を図り、市民の機運をより高めていく。スタジアムの改修をお願いしたい」と話した。北村市長は「市民の理解が必要。今季優勝してチームに弾みを付けてほしい」と述べた。

「藤枝MYFC」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'