秋季高校野球東海大会準決勝 県岐阜商―加藤学園

(2019/11/3 09:14)

 ▽準決勝(第1試合)
 加藤学園(静岡2位)
 0012000000―3
 0000020101×―4(延長10回)
 県岐阜商(岐阜1位)
 ▽本塁打 植田(加)
 ▽二塁打 大村(加)▽捕逸 高木(県)
 ▽試合時間 2時間39分

 【評】加藤学園は打線が県岐阜商の2番手の右腕森を打ちあぐね、逆転で敗れた。
 加藤学園は三回に佐野の中前打と大村の適時二塁打で先制。四回は植田の2点本塁打でリードを広げた。ところが六回から登板した県岐阜商の森に1安打に抑えられ、追加点を奪えなかった。
 主戦肥沼は五回まで散発3安打無失点に抑えたが、終盤は制球に苦しんだ。延長十回の守りは、2安打と1四球などで1死満塁とされ、サヨナラ打を浴びた。

「高校野球しずおか」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'