秋季高校野球東海大会、2日準決勝 藤枝明誠は中京大中京と対戦

(2019/11/1 11:51)

 来春の選抜大会につながる第72回秋季高校野球東海大会は2日、岐阜県の長良川球場で準決勝を行う。ともに初の4強入りを果たした藤枝明誠(静岡1位)と加藤学園(静岡2位)が、選抜切符獲得を目指す。藤枝明誠は中京大中京(愛知1位)と、加藤学園は県岐阜商(岐阜1位)と、それぞれ対戦する。
 優勝候補筆頭の呼び声が高い中京大中京は最速148キロの右腕高橋と主砲印出のバッテリーを中心に、投打にタレントがそろっている。明誠も斉藤、村松ら一発のある強打者を軸に攻撃力は高いだけに、左腕大石、右腕小林ら投手陣の粘投が鍵になるだろう。
 県岐阜商は、秀岳館(熊本)を4季連続甲子園に導いた鍛治舎監督の就任2年目。タイプの異なる投手による継投策が巧みだ。加藤学園は、好調の主戦肥沼を軸に堅守で競り合いに持ち込み、打線が好機を着実にものにしたい。

 ■2日の試合(準決勝)
 ▽長良川球場
 県岐阜商 10:00 加藤学園
 藤枝明誠 12:30 中京大中京

「高校野球しずおか」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'