J2磐田・小川航「五輪で10点以上」目標 スクール生と交流

(2020/5/4 08:19)
明るい表情で児童からの質問に応える磐田の小川航

 J2磐田のFW小川航が3日、ジュビロサッカースクール生を対象にした企画「せんしゅにききたい!」に参加し、来年に延期された東京五輪への熱い思いを語った。活動休止が続く中での自主トレなど、現在の様子なども明かした。
 小川航ら6選手がビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でつながり、動画投稿サイト「ユーチューブ」を通じて県西部の9会場660人の中から選ばれた質問に答えた。
 「オリンピックで何ゴール決めたいか」の質問に小川航は「1試合2点を毎試合取っていきたい。何試合あるかにもよるが、10点以上」と高い目標を掲げた。
 チームは新型コロナウイルス感染拡大で4月25日から全体練習を行っていない。小川航は体幹トレーニングなどで公式戦再開への準備を進めている。釣りが趣味で「魚をさばくことができるようになったので、自分で料理している」などプライベートも充実させている。
 スクール生には「苦しい状況が続いているが、今やれることをやって、将来プロで一緒にやりましょう」とエールを送った。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'