魅力あるジュビロ磐田に、選手が決意 サポーターとビデオ会議

(2020/4/26 08:07)
魅力あるチームへ、ビデオ会議でサポーターと話し合う磐田の小川大

 J2ジュビロ磐田は25日、選手とサポーターによるオンラインミーティングを開催した。サポーターズクラブ個人会員の応募者から抽選で選ばれた25人がビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を通じ、DF小川大、MF山田、FW中野の3選手と「ジュビロの未来を語ろう」をテーマに語り合った。
 「スタジアムをより魅力的な場所にするためには」の議題では、車いすで観戦する女性サポーターが「(障害者のエリアが)アウェー側にあり、選手のパフォーマンスが見えづらい」と指摘。山田は「試合後、相手チームがサポーターにあいさつした後に自分たちがあいさつに行くなど、検討したい」と答えた。
 新型コロナウイルスの感染拡大で、ヤマハスタジアムの座席間隔が狭いことへの不安を訴えるサポーターもいた。「試合が延期されている中でジュビロに求めるもの」では、選手へのリクエストが相次いだ。
 会議はクラブ会員限定で動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信され、約400人が視聴した。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'