磐田ユース鈴木海音がプロ契約 ビデオ会議で抱負「自覚持つ」

(2020/4/11 08:57)
ビデオ会議システムを通じて取材に応じる鈴木海音(右)。左は磐田の鈴木秀人強化部長

 J2磐田は10日、磐田ユースのDF鈴木海音(17)とプロ契約を締結したと発表した。ユースに所属しながらJリーグ公式戦に出場できる2種登録の手続きも完了した。当面はトップチームの活動に専念する。背番号は45。
 鈴木は同日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を通じた取材に応じ、「小さい頃からの目標だったジュビロ磐田のプロ選手として、自覚をもってやっていきたい」などと抱負を述べた。
 昨年のU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は日本代表で全4試合に出場。「オランダとの初戦で3―0と勝って自信になったが、ベスト16で敗れた。(海外チームと)大きな差はないが、わずかな差で勝負が決まる」と自分の甘さを痛感したという。鈴木秀人強化部長は「世界を経験し、取り組む姿勢が変わってきた」とトップに昇格させて経験を積ませる方針を固め、プロ契約に至った。
 身体能力を生かした対人プレーが魅力のセンターバック。フベロ監督が将来性を高く評価する鈴木は「トップで判断力などを磨きたい。練習では頭を使って考えながらやっていく」と飛躍を誓う。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'