フベロ監督「必ずJ1に」 地元激励会で意気込み ジュビロ磐田

(2020/1/21 17:00)
花束を受け取る(左から)小野勝社長、フベロ監督、大井健太郎選手=21日午前、磐田市役所

 サッカーJリーグ2部(J2)ジュビロ磐田の鹿児島キャンプ出発を前に、磐田市は21日、激励会を市役所で開いた。横断幕やフラッグを手にしたサポーターや市職員ら約400人が集まり、チームに声援を送った。
 渡部修市長が「私たちは応援するのみ。選手のみなさんは一生懸命頑張る姿を見せてほしい」とエールを送り、フベロ監督は「ジュビロがいるべきJ1に必ず復帰し、みなさんと笑顔でお祝いしたい」と決意を述べた。
 ジュビロ磐田ホームタウン推進協議会の河島直明会長らは、チームの運営会社ジュビロの小野勝社長とフベロ監督、大井健太郎選手に花束を手渡した。
 大井選手は「サポーターの熱い思いと声援を力に変えて、絶対に昇格する。喜びの声を届けられるよう頑張っていく」と言葉に力を込めた。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'