大久保、決勝弾も悔しさあらわ J1第33節・ジュビロ磐田

(2019/12/1 06:00)

 今季初ゴールを奪い、自身の持つJ1最多通算得点を185に伸ばしたFW大久保だが、試合後は早々とバスに乗り込んだ。
 終盤は途中出場からチャンスメークに徹してきた。大久保は「攻撃的なフベロ監督のサッカーが浸透している。粘るだけ粘りたい」と話してきたが、J1残留を成し遂げることができず、悔しさをあらわにした。
 

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'