磐田、鈴木新体制も零敗 J1リーグ第18節

(2019/7/7 08:05)

 明治安田J1リーグは6日、各地で第18節の5試合が行われ、鈴木監督就任後のリーグ戦初戦となった磐田は鹿島に0―2で屈して3連敗。

 (2)カシマ(鹿島1勝1分け)▽観衆17442人
 鹿島 9勝4分け4敗(31) 2(2―0 0―0)0 磐田 3勝5分け10敗(14)
 ▽得点者【鹿】OG、小池(1)
 【評】磐田はまたも決定力不足を解消できなかった。
 前半29分、鹿島のFKから相手がそらしたボールが新里の頭に当たり、オウンゴールで先制点を許した。40分は右サイドからの相手クロスがGKカミンスキーの頭上を越え、そのまま得点になった。
 後半はアダイウトンを投入して反撃に出た。だが、7、13分に山田が決定的なシュートを立て続けに外し、17分の山田のシュートも相手GKに阻止された。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'