<静岡県市町駅伝>小中生けん引 後輩から刺激 函南町

(2017/12/3 09:26)
函南町の9区出田(左)からたすきを受けて走り出す10区渡辺=静岡市清水区の第9中継所

 町の部は函南町が前評判通りの力を発揮。成長著しい小中学生が区間賞の走りでエースにたすきをつなぎ、2年ぶりの王座を勝ち取った。
 全体の15位で第1中継所を飛び出した2区岡(函南西小)。「前の人を抜かす」と3人抜きで勢いづけ、県小学女子1500メートルランク4位の3区渕(函南丹那小)も区間新で続いた。その後は町の部のトップ争いが激化。6区終了時点では清水町と長泉町、小山町に先行を許したが、7区の岩崎(函南中)が先頭との58秒差を一気に1秒まで縮めた。過去に出場した3大会はいずれも区間2位。ようやく手にした区間賞に「いつもの自分の走りができた。4度目の正直です」と笑った。9区出田(函南東小)も上位との差を詰めた。
 後輩の頑張りに10区渡辺(パナソニック)が燃えた。ピッチの速い走りで一気に町の部の先頭へ躍り出た。市町全体トップの記録(9分14秒)にも「余裕を持って沿道の声援を楽しめた」とさらり。土屋監督も「渡辺に1分以内でつながればいけると思っていた。本当に素晴らしい」と信頼に応えた“切り札”に目を細める。
 栄冠を引き寄せた若いランナーの活躍は、将来に向けて明るい材料となった。4度目の優勝にも「実はまだ連覇がないんですよ」とつぶやいた指揮官が、常勝チームづくりへの意欲をのぞかせた。

「2017」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'