<静岡県市町駅伝>森町の三郷選手 区間新で4位貢献

(2015/12/6 08:31)
ゴールし、小さくガッツボーズする三郷選手=県営草薙陸上競技場

 4年ぶりのレース出場で初めてアンカーを務めた森町の三郷一輝選手(22)=麗沢大4年=が、区間新の力走で町の部4位入賞に貢献した。「これで競技生活は一区切り」という三郷選手は「育ててもらった森町の皆さんに恩返しできた」と笑みがこぼれた。
 10月の箱根駅伝予選会で「納得のいく走りができ自信が付いた」という三郷選手。市町対抗駅伝で「自分がチームを引っ張ろうと思った」といい、特別な思いで学生時代最後のレースに臨んだ。
 目標の「3位以内」にはあと一歩届かなかったが、区間新記録を出し「ここまで走れるとは思わなかった。強いチーム復活の第一歩に貢献はできた」と喜ぶ。就職して地元に帰る予定で「何らかの形でこれからも駅伝に携わりたい」と話した。

「2015」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'