<小山町>3連覇へ早くも気持ち切り替え 祝勝会

(2014/12/7 15:30)
連覇を報告する小山町チームの選手やコーチら=小山町総合文化会館

 静岡市内で6日行われた県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)町の部で連覇を果たした小山町チームの祝勝会が6日、小山町総合文化会館で開かれた。選手の保護者や学校関係者など町民約100人が集まり、前年に続く快挙を喜び合った。
 優勝旗を掲げて選手団が入場すると、待ちかねた人々がクラッカーを鳴らし、拍手で健闘をたたえた。込山正秀町長は「市を含めても6位の好成績。来年はさらに上を目指してほしい」と期待を膨らませた。室伏剛監督(64)は「今日の結果への思いは選手に聞いてほしい。われわれは明日から、来年につなげることだけを考えていく」と述べ、早くも3連覇に向けて気持ちを切り替えた。
 選手たちもレースを振り返った。5区で区間新の快走を見せ、後半の流れを決定づけた藤曲寛人選手(17)=加藤学園高2年=は「納得いく走りでチームに貢献できた」と会心の表情で語った。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'