<御殿場市>意地の3位 浜松勢表彰台独占阻む

(2014/12/7 10:08)
御殿場市の大石(左)が長谷川にたすきを渡す=静岡市葵区の第4中継所

 総合力を発揮した御殿場市が3位に食い込み、浜松勢の表彰台独占を阻止した。
 4区大石(日大4)の走りが原動力となった。全体の4番手でたすきを受け、前の2人を抜き去った。その後スズキ浜松ACの安藤(浜松市中央)、渡辺(浜松市北部)にかわされたが、粘り強く自分のペースを貫き村本(御殿場富士岡中3)や榑林万(山梨学院大付高3)ら昨年の準V経験者が控える後半につないだ。選手登録された過去2回は控え。「応援を受けて走れたのがうれしかった」と、初舞台に充実した表情を浮かべた。
 「何としても(浜松の)3チームを崩したかった。それはうちしかない」。レース後、勝亦監督は並々ならぬ決意を明かした。第6回以降、頂点から遠ざかる東部勢の雄。牙城に挑む戦いが続く。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'