<静岡市静岡B>52歳初出場 吉永選手、力強い走り

(2014/12/7 09:05)
たすきをつなぐ吉永選手(左)=第6中継所

 長男を励まそうと発奮した52歳の父親が、初めての駿河路を駆け抜けた。初出場した静岡市静岡Bの吉永倫英選手=吉永タイヤサービス=は、40代の有力選手がひしめく6区(40歳以上男女)の中で力強い走りを披露し、市の部10位に食い込んだチームの好結果を支えた。
 49歳だった3年前、陸上で調子を落としていた当時高校3年の長男・純也さんの刺激になればと、高校卒業以来30年ぶりに走り込みを再開。最新の練習法を独学で取り入れ、実力を伸ばした。ことしは県内の市民マラソンで年代別1位を総なめ。長男に対し背中で語ってみせた。
 満を持して出場したこの大会。「練習から支えてくれたチームの先輩への感謝を込めて」全力を出し切った。今後は自分自身のために、「50代最速」を目指して走り続けるつもりだ。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'