<富士市>若者に勢い 松田選手、6人抜き

(2014/12/7 09:06)
区間賞の快走でチームに貢献した2区松田選手(右)と、たすきを受けた3区菅谷選手=第2中継所

 初出場ながら区間賞に輝いた2区松田爽選手(12)=鷹岡小6年=ら勢いある若い世代が、富士市の5位入賞に大きく貢献した。
 1区の金子由依選手(17)=常葉菊川高3年=からたすきを受けた松田選手は「併走するライバルに負けたくない」と市町合わせて6人抜きの力走。2位に上がって独走する浜松市西部を追った。その後6位に下がったが、10月の東海高校新人陸上競技選手権大会の男子5000メートルで優勝した5区の渡辺奏太選手(16)=吉原工高2年=は「目標にした良いペース」と、納得の走りで順位を二つ上げた。
 ベテラン選手も前回記録を更新する走りで健闘。福良勝己監督(61)=小林クリエイト=は「全員が責任を果たしてくれた」と選手をたたえた。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'