<沼津市>高校生が活躍 23位→16位

(2014/12/7 09:10)
前年23位から16位に順位を上げた沼津市チームの選手=県営草薙陸上競技場

 高校生など若手選手の活躍が光り、沼津市は前年の23位から16位に順位を上げた。白鳥修監督(56)=富士通=は「前半は予想通りの展開。一人一人の力走のおかげ」とねぎらった。
 1区の西島百香選手(17)=韮山高2年=は「この後のレースの流れをつくる。1桁台の順位でたすきをつなぎたい」と市の部9位に滑り込んだ。続く2区の大原伊織選手(12)=沼津三小6年=は、3年前に同じ区間を走った“ライバル”で、7区走者の兄未楠選手(15)=沼津三中3年=と兄弟での出場。「順位は上げられなかったけれど、兄のタイムを追い抜けた」と満足げ。
 加藤学園高3年で同校駅伝チーム主将を務める5区の中村南斗選手(17)は、市の部区間8位の健闘の走りで引き締めたが、「目標よりやや遅かった。1年間力をつけて戻ってきたい」と雪辱を誓った。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'