<吉田町>チーム一体で入賞 松浦、吉田選手が区間新

(2014/12/7 09:39)
オリジナルタオルを広げて選手に声援を送る町民=県営草薙陸上競技場

 吉田町は「チームを一つに」を合言葉に、9年連続の入賞を果たした。
 1区松浦佳南選手(18)=島田高3年=がエースの期待に応え、区間新記録の走りを見せた。アンカー吉田和也選手(19)=平成国際大1年=も区間新を記録した。
 沿道やスタンドでは、走り終えた選手とスタッフが町の海や川、空をイメージした水色のオリジナルタオルを両手で広げて選手を鼓舞し、チームの一体感を生み出した。堀之内大監督(50)は「レースプラン通りで、前回タイムを上回ることができた」と選手たちをねぎらった。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'