<浜松市西部>三ケ日中3年生 実力発揮し快走

(2014/12/7 09:26)
陸上部仲間でチームの優勝に貢献した池田選手(左)と竹平選手=県営草薙陸上競技場

 浜松市西部の第7、8区は、池田卓矢選手(15)と竹平優花子選手(14)の三ケ日中3年ペアが力走を見せ、2位以下の追随を許さなかった。
 2人は7月まで同中の陸上部の部長、副部長を務めた。駅伝チームの指導にも当たってきた同部顧問の下海戸義伯教諭は「20人規模の小さな部活だが、協力して部員を引っ張ってきた」と評する。5年連続区間賞受賞を果たした1区の山本菜緒選手(18)=常葉菊川高3年=の後輩で、それぞれ全中やジュニアオリンピックに出場経験を持つ実力者だ。本番レースは、常にトップを守り切る優勝候補筆頭チームらしい内容だった。しかし、竹平選手は「ふがいない走り」と後半のスピードダウンを悔やむ。来年1月の道府県対抗駅伝にもそろって候補入りしている。池田選手は「粘り強い走りを身に付けたい」と気を引き締めた。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'