<磐田市>記録更新し9位 中学生健闘

(2014/12/7 09:13)
互いの健闘をたたえ合う磐田市の鈴木創選手(左)と国松選手=県営草薙陸上競技場

 磐田市は昨年より順位を一つ上げて9位になり、前回大会でマークした最高記録も44秒更新した。選手層の厚い中学男子が互いに刺激し合い、貢献した。
 7区を走った国松士選手(14)=磐田城山中2年=は区間4位の快走を見せ、10区の鈴木創士選手(13)=浜松日体中2年=は高校生選手と渡り合った。
 補欠に回った上杉綾選手(15)=浜松日体中3年=を含め、中学男子3人は全日本中学校陸上競技選手権の出場者。国松選手が「存在を意識する。張り合いがある」と言えば、鈴木選手も「いい意味で刺激を受ける。学校が同じ上杉先輩からは生活面でも学ぶことが多い」と打ち明ける。
 松本寿夫監督(53)は「中学生をはじめ、みんなが頑張ってくれた」と振り返り、チームの健闘をたたえた。

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'