<南伊豆町>笠井、15年連続エントリー

(2014/12/7 08:56)
粘りの力走でたすきをつなぐ笠井(左)=静岡市清水区の第6中継所

 「若い時みたいにスピードは出ないですね」。第1回から15年連続でエントリーしている南伊豆町の笠井(稲取車体整備工場)は、悔しそうに苦笑いを浮かべた。それでも、6区で町の部4位。順位を一つ上げ、47歳の主将が粘りの走りでチームを引っ張った。
 年齢を重ねるにつれ、膝やアキレスけんの痛みが治りにくくなった。しかし、練習を休むと不安になる性格。スピード重視からジョギング中心に切り替え、1日に15〜20キロを目安に走り続けて体力を維持している。
 レースは遠く前方を走る2人を追いかける展開。自分のペースを守って追い付き、「最低限の仕事はできた」と語る。今後も、故障と向き合いながら「楽しく走っていく」という。仲間と走る市町駅伝で、いつか南伊豆の名を上位に押し上げたい。

◇15回連続エントリー特別表彰者
 【選手】石上真吾(藤枝市)大石ますみ(掛川市)笠井慎(南伊豆町)片山径介(河津町)金刺貴彦(西伊豆町)高橋弘樹(伊豆の国市)星野芳美(沼津市)山本忠広(川根本町)
 【監督】朝倉和也(清水町)室伏剛(小山町)杉田勉(森町)
 【選手・コーチ・監督】稲本多津郎(伊東市)岩田靖(長泉町)滝口正之(小山町)

「2014」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'