市の部優勝・浜松西部にペナント

(2013/12/26 10:10)
優勝旗にペナントを付ける鈴木市長(右から2人目)=浜松市役所

 第14回県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)で市の部を制した浜松市西部チームをたたえ、静岡陸協の鳥井啓市理事長ら主催者代表が25日、市役所を訪問し、鈴木康友市長に優勝ペナントを贈った。
 主催者側がチーム名を書いたペナントを渡すと、鈴木市長は優勝旗の先端にくくりつけ「西部以外の2チームも頑張ってくれた。来年は15回目の節目の大会なので、西部には5連覇を目指してほしい」と期待を込めた。
 西区と北区を中心に編成する市西部チームは2時間11分17秒の市の部過去最高記録で、同部4連覇を果たした。市北部は4位、市中央は5位に入った。

「2013」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'