〔浜松市中央〕本職水泳と両立 星野選手「前へ」

(2013/12/1 08:18)
たすきを受けて駆け出す星野選手=第2中継所

 前回から二つ順位を落としたが、昨年を超える好タイムを打ち出した浜松市中央。3区の星野允里選手(12)=浜松葵西小6年=は“本職”の水泳と両立し、駅伝初出場で区間6位の好走を見せた。
 湖西市チームのいとこ中島悠選手(15)=湖西新居中3年=が3年前、湖西市新居チームの一員として走る姿に憧れた。「格好良い。私も走りたい」。思いを温め、選考レースに臨んだ。
 校内マラソン大会で男子に負けると、悔しくて涙するほどの負けず嫌い。12位でたすきを受けて「少しでも前へ」と飛び出し、混戦の中で順位を一つ上げた。「緊張したけれど力を出し切った」と晴れやかに話した。

「2013」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'