〔焼津市〕「願いかなった」 初出場の池谷選手

(2013/12/1 08:20)
仲間の応援を背にゴールを目指す池谷選手=県営草薙陸上競技場

 「故郷のために走るという願いがかなった」。前回から順位を五つ上げ、市の部17位の焼津市は、初出場の池谷寛之選手(38)=新電元工業=が、仲間の声援を背に受けながらゴールに飛び込んだ。
 高校まで焼津で過ごし、大学卒業後、関東の実業団チームへ。焼津市チームに何度か誘われたが、実業団の選手時代は都合がつかなかったという。
 埼玉県在住で、大会当日がチームメートとの初顔合わせ。「気持ちは充実していたが、体がついてこず初めて会う仲間をハラハラさせてしまった」と苦笑い。でも「陸上の楽しさを教えてもらった恩師や古い仲間の前で走ることができて良かった」と話し、「故郷に貢献するチャンスをもらった。実業団の経験をチームの若い世代に伝えていきたい」と次の目標を語った。

「2013」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'