〔河津町〕姉の支えが力に

(2013/12/1 08:10)
初めての駅伝に臨む谷和可子選手(右)=第7中継所

 河津町8区の谷和可子選手(13)=河津中1年=は今回が初出場。控えに回った姉・茉莉子選手(15)=同3年=の支えを受けて、左足の疲労骨折で欠場した前回大会の悔しさを晴らした。
 「準備運動の走り方がぎこちない」とチームメートが心配するほど緊張していた和可子選手。茉莉子選手はランニングに付き添い、妹の緊張をほぐした。
 姉の気遣いに勇気づけられた和可子選手は、町の部区間6位に食い込む力走を見せた。レース後、「緊張したけど、沿道の声援が心地よかった」と笑顔で話した。

「2013」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'