〔小山町〕祝勝会、町民に喜び報告 「予想以上のタイム」

(2013/12/1 08:35)
初優勝を報告する小山町チームの選手、スタッフ=小山町健康福祉会館

 県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)町の部で初優勝した小山町チームの祝勝会が30日、小山町健康福祉会館で開かれた。優勝カップと優勝旗が並ぶ会場で、悲願の達成に感極まって目頭を押さえる選手やスタッフの姿も見られた。
 力走した選手が入場すると、祝福に駆け付けた約80人の町民がクラッカーを鳴らし、拍手で出迎えた。込山正秀町長が「富士山の世界遺産登録と並ぶ今年のうれしい出来事」と快挙をたたえ、「長泉町を超える6連覇を目指してほしい」と声を掛けた。室伏剛監督(63)は「予想以上のタイムだった。これまで走った選手、スタッフとつかんだ優勝」と声をつまらせた。
 歓喜の中、初出場の小野寺悠選手(小山中3年)は「初めての出場で区間賞が取れうれしい」と表情を崩した。9区の岡田遥佳選手(三島北高2年)は「苦しいときに沿道の声援が聞こえ、力になった」と応援した町民に感謝の気持ちを伝えた。

「2013」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'