翠富士快進撃、新入幕で勝ち越し 母校飛龍高相撲部に歓声

(2021/1/23 08:30)
スマートフォンの画面で翠富士の取り組みを見つめる飛龍高の相撲部員と栗原大介監督(右)=22日午後、沼津市の同校

 新入幕を果たした大相撲初場所で22日に勝ち越しを決めた焼津市出身の翠富士(24)=本名庵原一成、伊勢ケ浜部屋=。母校の飛龍高(沼津市)でエールを送った恩師と相撲部員は先輩の活躍に歓喜した。翠富士の背中を追い掛け、同校相撲部の出身力士が千秋楽、序二段と序ノ口で優勝決定戦に臨むことも決まった。教え子の快進撃に栗原大介監督(44)は「それぞれの相撲を取りきってほしい」と期待を込めた。
 171センチ、114キロと小兵だが、真っ向勝負の相撲で着実に星を伸ばしてきた翠富士。部員は先輩の一番が近づくと、稽古を中断して取り組みを視聴するのが日課。この日も栗原監督のスマートフォンの前に集まり、すくい投げが決まると歓声を上げた。
 「首痛めてないか」。3日目の取り組み後、頭を打った翠富士を心配し、栗原監督は電話をかけた。「おでこがすりむけただけ。大丈夫です」。頼もしい受け答えに活躍を予感したという。
 残り2日。2桁勝利と三賞獲得が視野に入る。栗原監督は「後半に強い。2桁も十分に狙える」と太鼓判を押す。鈴木愛斗部長(17)は「大きな相手を真っ向勝負で倒す姿は憧れ」と目を輝かせる。
 同校相撲部出身者で翠富士と同級生の龍司(23)=本名金森成男、入間川部屋=が序二段、昨年11月場所で初土俵を踏んだ同校3年の熱海富士(18)=本名武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋=が序ノ口で、それぞれ千秋楽に優勝をかけた一番に臨む。栗原監督は「翠富士に大きな刺激を受けたに違いない。持てる力を出し切ってほしい」と目を細めた。

 ■翠富士、妙義龍を破り8勝5敗 大相撲初場所13日目
 大相撲初場所13日目は22日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、新入幕の翠富士(24)=本名庵原一成、焼津市出身、伊勢ケ浜部屋=が妙義龍を破り8勝5敗とし、勝ち越しを決めた。
 翠富士は2016年秋場所初土俵、20年春場所新十両。同年11月場所で十両優勝し、初場所の新入幕を決めた。初場所は初日から3連勝で好スタートを切った。8日目から3連敗を喫したが11日目から3連勝し、13日目で勝ち越した。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'