パラ大会が半年ぶりに再開 延期の陸上日本選手権が開幕

(2020/9/5 13:45)
開幕した日本パラ陸上選手権の男子5000メートル(車いすT54)で力走する樋口政幸(左)=5日午前、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 新型コロナウイルスの影響で延期された日本パラ陸上選手権は5日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開幕し、全ての競技で実施が見送られていたパラスポーツの大会が、およそ半年ぶりに再開した。
 残暑厳しい中、最初のトラック種目となる男子5000メートル(車いすT54)では、前回リオデジャネイロ・パラリンピック代表の樋口政幸(プーマジャパン)らがレーサーと呼ばれる競技用車いすで力強く走った。
 来夏の東京パラリンピックまで1年を切った。全国各地から集まった選手が、待望した勝負の場に全力で臨んだ。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'