浜松南

(2019/6/13 09:47)

 小技も使える多彩な打者が並び得点力は十分。投手陣の底上げが鍵になる。主戦谷脇は打者の手元で伸びる120キロ台半ばの直球が武器。夏に向け制球力に磨きを掛ける。打線は長打力のある星野、積極性が持ち味の加藤巧が引っ張る。田中、加藤諒ら俊足が多く、バントや盗塁を絡めて得点を重ねる。
 グラウンドは他の運動部と併用。外野に飛ばせる週1回の打撃練習は高い集中力で臨む。
 【成績】昨夏1回戦 今春地区2回戦(初戦)

部長 山本浩正
監督 植松佑斗
(5)加藤巧麻(2年、湖西鷲津)
(6)深津太智(2年、浜松新津)
(8)田中駿仁(3年、浜松曳馬)
(3)星野立輝(3年、浜松与進)
(7)加藤諒(3年、浜松三方原)
(1)谷脇友星(3年、浜松丸塚)
(9)石原仁(3年、浜松三ケ日)
(4)野宮俊紀(3年、浜松南陽)
(2)西川健斗(3年、浜松東陽)
 投 西村新一朗(3年、浜松南部)
 〃 山口翔平(2年、湖西鷲津)
 捕 村田真洲(2年、湖西白須賀)
 内 田辺大輝(2年、浜松笠井)
 投 川合慶輔(3年、浜松修学舎)
 外 岡田祥吾(3年、浜松開成)
 〃 廻慶一郎(2年、浜松中部)
 〃 倉橋俊太(3年、浜松南部)
 〃 堀田蒼真(2年、浜松入野)
 〃 門奈周(3年、浜松修学舎)
 投 大石恭輔(3年、浜松江西)

「西部」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'