知徳

(2019/6/21 11:24)

 主戦栗田を中心に投手陣の層が厚い。栗田は187センチの長身から繰り出す最速146キロのストレートが強み。変化球で相手を翻弄(ほんろう)する石井、2年の左腕杉崎らが控える。課題は打撃面。高校通算24本塁打の4番持田が要。安定した守りの中川と大胆なリードの二村が正捕手争いを繰り広げる。
 部訓の「月を釣り雲を耕す」は仏教用語に由来し、無限に挑戦し続けるという意味。
 【成績】昨夏4回戦 今春地区3回戦

部長 土屋昇彦
監督 初鹿文彦
(6)井深竜(2年、三島北)
(9)小川洸佑(3年、熱海)
(8)緑川真翔(3年、埼玉越谷西)
(7)持田夏向(3年、埼玉藤沢)
(5)小野泰誠(3年、神奈川湘光)
(3)原大耀(3年、三島北)
(4)峠下颯馬(3年、町清水)
(2)中川颯太(3年、裾野西)
(1)栗田和斗(3年、富士岳陽)
 投 石井神之介(3年、熱海)
 〃 葉桐響(2年、富士岳陽)
 捕 二村錬(3年、三島北)
 内 高橋大空(3年、東京上板橋三)
 〃 金指海斗(3年、伊豆の国大仁)
 〃 鈴木涼太(3年、三島南)
 〃 陣副和貴(3年、東京大森二)
 外 藤井祥詠(3年、町清水)
 投 杉崎幸風(2年、函南東)
 外 宗政幸佑(3年、東京田柄)
 捕 太田翔(2年、伊豆中伊豆)

「東部」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'