阪神の近本、焦りなし 開幕見据え、打撃に重点

 目先の結果ではなく、開幕を見据えている。阪神の近本は26日、沖縄県宜野座村のキャンプで打撃練習に取り組んだ。ここまで実戦では快音を響かせていないが、「順調にきている。本番はシーズンが始まってから」と焦る様子はない。

打撃練習する阪神・近本=宜野座
打撃練習する阪神・近本=宜野座

 フリー打撃ではバットの軌道を確認するように、ライナー性の打球を広角に打ち分けた。走攻守全てのレベルアップを目指す中で、特に打撃に重点を置く。「以前と変わらないより、やっていることが合っているか、確認できる方がいい成長だと思う」。
 新人から2年続けて、盗塁王に輝き、昨季の打率は2割9分3厘。今季は選手会長にも就任した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0