41歳能見、初実戦で2回無失点 紅白戦に先発、無安打3奪三振

 阪神からオリックスに移籍した41歳の能見が19日、紅白戦に先発で実戦初登板し、2回を無失点。安打を許さず、3三振を奪うなど状態の良さを見せた。「打者がどんな反応をするのか感じたい」と臨んだマウンドで25球。切れのある球をテンポよく投げ込み、打者を手玉に取った。

紅白戦に先発し、2回無失点と好投したオリックス・能見=宮崎市
紅白戦に先発し、2回無失点と好投したオリックス・能見=宮崎市

 一回にホープの太田をフォークボールで見逃し三振に仕留め、二回は4番に入ったT―岡田を三振。安達に対しては鋭いチェンジアップで空振り三振を奪った。コーチ兼任の大ベテランとバッテリーを組んだ伏見は「制球がいいし、打者との戦い方を知っている。やっぱりうまい」と感心しきりだった。(宮崎市)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0