ヤクルトの新人並木が俊足披露 「結果残せて良かった」

 ヤクルトのドラフト5位ルーキー並木(独協大)がDeNAとの練習試合で俊足を披露した。一回に三塁内野安打をマーク。続く四回の打席では球を高く弾ませて投手の失策を誘って塁に出る。直後に二盗を決めると次打者の二塁打で生還し「初の対外試合で結果を残せて良かった」と笑った。

DeNAとの練習試合の1回、三塁内野安打を放つヤクルト・並木=浦添
DeNAとの練習試合の1回、三塁内野安打を放つヤクルト・並木=浦添

 大学日本代表の合宿で50メートル走5秒32をマークした俊足の持ち主で「まずは脚力だけでも信頼を得たい」と言う。ただ、その後の2打席は右飛と遊飛に倒れ、杉村打撃コーチは「彼がお金を稼ぐにはゴロを打つ必要がある。まだやることだらけ」と期待を込めて話した。(浦添)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0