あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

小浜池の水位過去最高217センチ、59年ぶり更新 三島・楽寿園、水面に新緑の絶景

 富士山からの地下水が湧き出る三島市立公園「楽寿園」内の小浜池の水位が25日、59年ぶりに過去最高を更新する217センチを記録した。降雨の影響などで湧き水が増加し、建物や周辺の新緑が水面に映える絶景が広がっている。

過去最高の水位を記録した小浜池=三島市の楽寿園
過去最高の水位を記録した小浜池=三島市の楽寿園


 同園では池中央付近の池底(標高25・69メートル)を水位ゼロとし、1958年から水面の高さを毎朝測定している。これまでの最高記録は61年6月の215センチで、かつては「水都・三島」の象徴として湧水が年中池をたたえていたという。しかし、近年は枯渇気味の状態が続き、昨年の7月下旬はわずか20センチほどだった。
 今年は富士山の雪解けや長雨、昨年の台風19号で水位が上昇したとされる。7月10日に園が「満水」とする150センチを9年ぶりに上回り、19日には63年以来の200センチ超えを記録した。最高水位となった25日は池のほとりから手が届くほど水が満ち、来場者が写真を撮ったりして楽しんでいた。
 豊岡武士市長は「水の都を感じられる絶景をぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ