和歌山の純米吟醸酒に最高賞 世界的ワイン品評会の日本酒部門

 【ロンドン共同】世界的なワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」がロンドンで7日、オンライン形式で発表され、和歌山県の蔵元「平和酒造」の純米吟醸酒「紀土 無量山 純米吟醸」が選ばれた。
 主催者は「メロンやハーブなどの香りがして、きりっとしたフィニッシュが楽しめる素晴らしい酒」と称賛。平和酒造は、優れた蔵元に授与される賞にも2年連続で選ばれた。
 適度な価格で高品質な酒に授与される「グレート・バリュー・サケ・アワード」には渡辺酒造店(岐阜県)の「小町桜 別囲い」が選ばれた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ