静岡県内住宅耐震化89.3% 県の目標達成は困難

(2020/8/22 11:36)
静岡県庁

 静岡県は21日、総務省が2018年に実施した住宅・土地統計調査で、本県の住宅耐震化率が89.3%になったと発表した。前回13年調査の82.4%から6.9ポイント上昇し、全国平均の約87%も上回った。ただ、耐震性がない住宅の建て替えが伸び悩んでいることなどから、県が目標に掲げる20年度末に95%の達成は困難な状況だ。
 県によると、旧耐震基準の1980年以前に建てられ、現存する住宅は約32万戸。そのうち耐震性がないのは約15万戸で、前回調査から約9万戸減った。県は01年度から実施している木造住宅耐震化の支援事業「TOUKAI(東海・倒壊)-0」や、啓発活動が効果を上げていると分析する。
 一方、耐震性がない住宅の建て替えについて、県は耐震改修促進計画で年1万5千戸を目標に掲げるが、18年は8600戸にとどまった。高齢者世帯が年齢を理由に耐震補強に踏み出せない長年の課題もあり、目標達成は厳しいという。
 県建築安全推進課の担当者は「新型コロナウイルス感染拡大の影響も見据えながら、高齢者世帯への啓発を強化していく」と話す。

「防災・減災」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'