ツイッター投稿、大型光文字で表示 浜松・パイフォトニクス開発

 光学機器メーカーのパイフォトニクス(浜松市東区)は、ツイッターと連動した光文字投光システムを開発したと発表した。市民参加型イベントや屋外広告などでの利用を想定する。

ビルの外壁に映し出した光文字のメッセージ=浜松市中区
ビルの外壁に映し出した光文字のメッセージ=浜松市中区

 縦、横5点ずつ計25点のドット光を自在に変化させて点灯する発光ダイオード(LED)照明を使用。希望者が投稿したメッセージをサーバーがリツイートすると、照明を当てた壁などにメッセージと同じ文章が表示される。同社の虹の照明と併用すれば、幻想的な光景を演出できる。
 照射距離30メートルで縦、横ともに6メートルのカタカナ、アルファベット、数字の大きな光文字を描ける。文字ニュースのテロップのように長文を横にスライドさせながら順番に表示することもできるという。
 同社は今月24、25日の夜、中区のJR浜松駅ビル「メイワン」でメッセージを公募するクリスマスイベントを計画している。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ