赤ちゃんの頭サイズの里芋「大中寺芋」PRへ 沼津で販売会

 JAなんすん大中寺芋部会(井出勝基部会長)は24日、大中寺芋の販売会を沼津市東熊堂の同JA金岡支店で開いた。大中寺芋は赤ちゃんの頭ほどの大きさがある里芋。例年12月ごろに開催する収穫祭が昨年に続いて中止となり、代わりのイベントとして企画した。部会員が支店前に芋を並べ、煮物の試食を勧めた。芋を使った大福やまんじゅうなども販売した。

生産者が大中寺芋をPRした販売会=沼津市のJAなんすん金岡支店
生産者が大中寺芋をPRした販売会=沼津市のJAなんすん金岡支店

 販売会は12月15、22の両日にも実施する予定。井出部会長は「ことしは夏に雨が多かったことで量も大きさも例年以上に育った。より多くの人に地元の伝統野菜を知ってもらいたい」と話した。

 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ