特集 : JA

小沼アナ 食の魅力、発信方法テーマに講演 三島

 静岡放送の情報番組などに出演しているフリーアナウンサー小沼みのりさん(40)が19日夜、三島市のJA三島函南本店で「取材活動を通じて感じた『しずおかの食の魅力』」と題して講演した。

小沼アナウンサー(左奥)が食の魅力について語った講演会=三島市のJA三島函南本店
小沼アナウンサー(左奥)が食の魅力について語った講演会=三島市のJA三島函南本店

 県内全域を取材で回っている経験から「地元では当たり前でもすごい魅力が地域にはある」とし、各地の物語とひも付けて食を発信する「ストーリーブランディング」の重要性を強調した。食で地域を「バズらせる」(盛り上げる)ポイントとして、景観など非日常で価値を上げる、生産者の顔が見える、SNSで“映える”―を挙げ、取材した山間部のカフェや漁港食堂などの事例を紹介した。
 三島とも縁が深い小沼さんは市内の若手農業者グループ「のうみんず」の取り組みに触れ、「若い人や女性が頑張っている。同業者が協力できる地域が成功する」と語った。農家と飲食店が連携して独自メニューを売り出す「みしま農家めし」も評価し、農と食がつながる大切さを指摘した。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

JAの記事一覧

他の追っかけを読む