駿河漆器や蒔絵、静岡の伝統工芸品ずらり

 静岡市内の伝統工芸品を集めた「しずおか特産品まつり 秋の市」(同市主催)が6日、同市葵区の青葉シンボルロードで始まった。7日まで。

卵殻張りを体験する来場者=静岡市葵区の青葉シンボルロード
卵殻張りを体験する来場者=静岡市葵区の青葉シンボルロード

 県郷土工芸品に指定されている駿河漆器や駿河蒔絵(まきえ)の食器、アクセサリーなどが並ぶ。職人自らが直接販売し、購入者は手入れ方法などについてアドバイスを受けていた。
 漆器の絵付け技法「卵殻張り」の体験コーナーも設けられた。来場者はキーホルダーなどに細かく砕いた卵殻を貼り付け、職人が仕上げに螺鈿(らでん)を施した。体験は無料で、7日も行う。

いい茶0
メールマガジンを受信する >