特集 : 函南町

超高齢化「役割重要に」 函南・共済福祉会 創立50年で式典

 函南町で障害者、高齢者福祉施設を運営する社会福祉法人「共済福祉会」は14日、創立50周年記念式典を伊豆総合福祉センター(同町)で開いた。

共済福祉会の創立50周年記念式典=函南町の伊豆総合福祉センター
共済福祉会の創立50周年記念式典=函南町の伊豆総合福祉センター

 1971年から肢体不自由者更生施設「伊豆リハビリテーションセンター」を皮切りに事業を進め、現在は特別養護老人ホームや身体障害者療護施設など町内で11施設を運営している。設立当初はNTTグループの支援を受けて施設運営を続けてきたが、4年前からは実質的に自前の収支に基づく自立経営に転換した。式典では大川利彦理事長がこれまでの歴史を振り返り、「今後20年は超高齢化社会に突き進む中、私たちの役割がますます重要となる」と語った。
 仁科喜世志町長は「向こう50年で社会福祉は変わる。ニーズと時代に合ったサービスを」とさらなる発展を期待した。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む