焼津沖・船釣り 独特の引き、タチウオ23匹【魚影を追って】

 秋雨前線の影響で荒れ模様だった海が落ち着いた頃、安倍川沖から焼津沖を移動しながらタチウオを狙った。結果は23匹。目標の30匹には届かなかったが、今回もいくつかの課題と次の楽しみを残してくれた釣行だった。

ルアーで釣り上げた良型タチウオ
ルアーで釣り上げた良型タチウオ
今回の釣り場
今回の釣り場
ルアーで釣り上げた良型タチウオ
今回の釣り場

 焼津漁港小川地区の橋安丸。午前0時、船着き場に集合。この日の乗船者は8人で、餌釣りで狙う人が筆者を含め3人、残りの5人はルアー。
 魚探に映るタチウオの反応を見ながら最初に向かったのは安倍川沖。
 0時50分、到着。船長の「はい、やってみてください。水深60メートルでルアーの人はボトム(底)から、餌の人は50から40メートルを探ってみて」の声を皮切りに、皆が一斉に仕掛けを入れる。
 筆者はこの釣行で試してみたい自作の仕掛けがあり、タナまで送り込んだ。きっかけとなったのは、夜釣りで狙うアジ釣りで、タチウオが良く釣れたことだ。
 ハリス4号にマダイの10号という小さな針。この針がタチウオの口に良く掛かり、小さい針の方がタチウオの掛かりが良いのかも?と思ったからだ。
 40メートルで「掛かったよ!」の報告に追従して仕掛けをタナに合わせる。すると程なく軽めだが「チョンチョン」と穂先に当たりが。
 その当たりが途切れることなく続いたので竿を立てて針掛りを確かめると、グッと重みが伝わった。タチウオ独特の引きを楽しみつつ引き上げたのが80センチ。
 潮の流れが早く、ルアーで狙う人達は重めのジグを駆使するも、タチウオのいるタナを的確に狙えず、思うように釣果が伸びない。
餌で狙う3人も、タナを特定するのに苦労している。
 そんな様子を読み取った船長は仕掛けの回収を告げ、船を焼津沖へと向けた。もっと流れが緩い場所なら、当たりダナを見つけやすいはずだ。
 移動後、グイッと水面に向かって大きく持ち込まれた穂先がフッと水平になる当たり。「食い上げ?」。この場合、急いで巻かないとタチウオの歯が道糸に触れて仕掛けごと切られてしまう事が多い。加えて、魚が大物の確率が高い。
 予想通りグングンッと大きな抵抗と重み。大きいぞ…。リールの巻き上げ速度を落とし、慎重にやりとりをしようとしたその瞬間、フッと魚の重みが消えた。
 残念。せっかく針に掛けたのに取り込めなかった。外れてしまった原因を探ると、何と針がワイヤの結び目から飛んでいた。完全に強度不足。
 時間は6時。太陽も上りタチウオが釣れるタナは110メートルに近い水深に。ここでは当たりが出る人と出ない人の差が大きく、2時間ほど探った後に帰港。
 トップはエサで狙った人の40匹、筆者は23匹(70~90センチ)。ルアーのトップは20匹。
 さまざまな当たりで釣り人を翻弄[ほんろう]するタチウオ釣りの面白さは何度経験しても飽きない。筆者の課題は大物に負けない仕掛けを完成すること。その仕掛け作りも大いに楽しい。
 問い合わせは橋安丸〈電080(6923)1095〉へ。
 (松田智博・フィッシングライター)
 


 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ