ヴィノスやまざき 静岡本店を開店 静岡市葵区七間町に

 酒類販売のヴィノスやまざき(種本祐子社長)は9日、静岡市葵区七間町に静岡本店を開店した。新型コロナウイルス禍に対応した同店限定の新サービスを打ち出し、顧客満足度向上を目指す。

プレオープンイベントに出席したモーガン・パーキンズ農務担当公使(左)と種本祐子社長=静岡市葵区
プレオープンイベントに出席したモーガン・パーキンズ農務担当公使(左)と種本祐子社長=静岡市葵区

 静岡本店の店舗面積は約107平方メートル。国内外のワイン約300種類を取りそろえる。
 対人の接触機会を減らすため、事前にインターネットで商品を注文・決済し、客が入店しなくても付近に止めた車内などで受け取れるサービス「カーブサイド・ピックアップ」を導入した。仕入れの経緯や味わいを対面接客さながらに説明する動画を視聴できるQRコードもポップに付けた。
 開店に先立ち行ったプレオープンイベントには、米国大使館のモーガン・パーキンズ農務担当公使(53)が出席した。「生まれ変わった本店が、新しくおいしいワインを顧客に提供することを確信している」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ