1個千円、高級ハンバーグ発売 長泉町・後藤精肉店 1カ月待ちの人気

 鮎壺(あゆつぼ)の滝などで知られる長泉町下土狩地区の駅前通り商店街で4代にわたり店舗を構える後藤精肉店は9月、1個千円の高級ハンバーグ「肉王」を発売した。10月現在、1カ月待ちの人気を誇る。コロナ禍の影響で飲食店や和牛の生産農家が打撃を受ける中、「おうち時間を豊かにする商品を提案しよう」と三島の人気フレンチ「gawa Mishima」と1年半かけて開発した。企画した同精肉店の後藤朋子さん(52)は「肉そのもので勝負した」と魅力を強調する。

9月に発売したハンバーグ「肉王」。冷凍状態で販売している=9月下旬、長泉町下土狩の後藤精肉店
9月に発売したハンバーグ「肉王」。冷凍状態で販売している=9月下旬、長泉町下土狩の後藤精肉店

 材料はステーキとして販売する黒毛和牛の部位をひき肉として使用。タマネギやパン粉は外し、国産豚を練り込んだ。後藤さんは「ハンバーグの概念を覆すうまみがある。肉のなめらかさ、甘みが全く違う」と味に太鼓判を押す。
 5個5400円。問い合わせは同精肉店<電055(986)1798>へ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ