特集 : 函南町

20年度決算認定 函南町議会 9月定例会閉会

 函南町議会9月定例会は6日、最終本会議を開き、2020年度一般会計決算案などを認定し、21年度の一般会計補正予算案を可決して閉会した。
 同決算案は最終予算額167億500万円に対し歳入が168億7200万円、歳出が163億3200万円で、翌年度繰越金を差し引いた実質収支は5億1900万円の黒字だった。貯金に当たる年度末の財政調整基金は8億900万円で、年度当初から1億8200万円の増加。取り崩し額と積立額を加味した実質単年度収支は1億8800万円の黒字となった。
 財政の弾力性を表す経常収支比率は90・7%。財政規模に対する地方債の返済割合を示す実質公債費比率は0・5ポイント増の6・2%、将来負担比率は43・8%で前年から12・9ポイント改善した。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む