特集 : 静岡市

⚾科学技術 進撃8強 秋季高校野球静岡県大会3回戦

清水東―科学技術 最終回のピンチを併殺で切り抜け、タッチして喜ぶ科学技術バッテリー=あしたか球場
清水東―科学技術 最終回のピンチを併殺で切り抜け、タッチして喜ぶ科学技術バッテリー=あしたか球場

▽3回戦(あしたか第2試合)
科学技術
000333000―9
000102100―4
清水東
 ▽二塁打 榛葉(科)清野、加藤、矢部田(清)▽ボーク 加藤(清)
 ▽試合時間 2時間8分

 【評】科学技術が着実にリードを広げて逃げ切った。四回に主戦兵庫が自ら適時打を放つなど3点を先制し、五、六回も池ケ谷、浅井、吉村の適時打などで3点ずつ加えた。兵庫は4失点したが要所を締めて完投した。
 清水東は失策や四死球が絡んで大量失点。矢部田の2本の適時打などで追い上げたが攻めきれなかった。

 ■堅実守備 難敵に雪辱
 初出場の科学技術が我慢強い試合運びで8強入りした。清水東に11安打されたが、堅実な守備で大量失点は許さない。「がむしゃらにやっていただけのチームが、試合の流れを読めるようになった」と森田監督。昨秋の静岡市内大会で大敗した難敵に雪辱した。
 3点を先行した直後の守りで大きなプレーが出た。四回無死一塁からの左越え二塁打を、「普段から中継プレーを大切にしてきた」と遊撃手の主将杉本、三塁手池ケ谷がつなぎ本塁タッチアウト。結果的に1点は返されたが流れを渡さず、五回に池ケ谷、浅井の連続適時打で突き放した。
 主戦兵庫の直球は120キロ前後。強打の清水東に「打たれるのは仕方ない」と割り切った。連打されても淡々と低めにボールを集めた。守備陣も大量リードを生かし、ピンチで焦って傷口を広げることなく着実にアウトを積み重ねた。
 準々決勝の相手は静岡。兵庫は小学校時代、静岡の4番袴田に誘われ野球を始めた。高校での初対決に「抑えたい」と闘志を燃やす。「地区1回戦で当たることはあっても、県で勝ち上がって戦えることはなかなかない。大きな経験になる」と指揮官。伸び盛りのチームが夏王者に挑む。
 

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

静岡市の記事一覧

他の追っかけを読む