レシピ動画 揚げずに簡単 カボチャのコロッケ【野菜三昧】

 夏から秋にかけてが旬のカボチャ。夏は比較的水分が多く、秋になると水分が抜けて煮物に適したホクホクした食感になる。抗酸化作用のあるカロテンがとても多く、ビタミン類やカリウム、タンパク質、カルシウム、鉄も含まれる。

カボチャのスコップコロッケ
カボチャのスコップコロッケ
カボチャのフロランタン
カボチャのフロランタン
カボチャのスコップコロッケ
カボチャのフロランタン

 今回は揚げずに作る、スプーンですくって食べるコロッケと、焼かずに作る、フランスの焼き菓子フロランタンの2品を紹介する。
 「スコップコロッケ」の作り方のポイントはパン粉をしっかりいること。揚げない分、香ばしさが出るまで十分加熱する。牛乳は様子を見ながら、好みで加える量を調整して。
 カボチャはラップをかけて1分ほど電子レンジで加熱すると切りやすくなる。
 フロランタンも焼かない代わりに、バターを焦がして香ばしさを出す。目安は泡が出なくなるまで。焦がしバターをカボチャなどに加える際、入れ物がプラスチック製のボウルだと溶けてしまうので避け、陶器やガラス製で大きめのものを使って。
 (本田淑美・料理研究家、静岡市)
 
 ■カボチャのスコップコロッケ
 <材料(4人分)>
 カボチャ300グラム、玉ネギ½個、ベーコン3枚、塩・こしょう少々、パン粉30グラム、粉チーズ大さじ1、A(バター10グラム、牛乳大さじ1~2、しょうゆ小さじ1)、乾燥パセリ少々
 <作り方>
 ①カボチャは種を除き、皮付きのまま2センチ角に切る。耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ600ワットで5分加熱する。②玉ネギは粗みじん切り、ベーコンは幅1センチに切る。③❶の粗熱が取れたら、塩・こしょうを加えてつぶす。④フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、パン粉を全体がきつね色になるまでいる。火を止め、粉チーズを加えて取り出す。⑤同じフライパンにオリーブ油小さじ1を熱し、❷を中火で炒める。しんなりしたら❸とAを加え、しっかり混ぜて火を止める。⑥器に❺を平らに盛り、❹を満遍なく載せ、乾燥パセリをかける。
 
 ■カボチャのフロランタン
 <材料(4人分)>
 カボチャ100グラム、砂糖小さじ2、ビスケット6枚、バター(50グラムと15グラム)、アーモンド(スライス)30グラム、蜂蜜20グラム
 <作り方>
 ①カボチャは種と皮を除き、2センチ角に切って耐熱容器に入れ、電子レンジ600ワットで3分加熱する。熱いうちに砂糖を加え、木べらなどでつぶす。②ビスケットをビニール袋に入れて細かくつぶし、❶に加えてよく混ぜる。③フライパンにバター50グラムを入れて中火にかけ、焦がしバターを作る。❷に加えてよく混ぜ、ラップを敷いたバットに移し、平らにならす。④フライパンにアーモンドを入れて弱火にかけ、ほんのりきつね色になるまでいる。⑤火を止めて❹にバター15グラムと蜂蜜を加えて混ぜ、❸の上に均一に載せる。冷凍庫で1時間以上、冷やし固める。⑥食べやすい大きさにカットする。
 
 ■豆知識
 
断面の色が濃く、種が大きくて密集しているものがおいしい。カットしていない場合、皮が固くずっしり重いものを選ぶ。へたがよく乾いていると完熟のサイン。保存は種やワタを除きしっかりとラップで包み、野菜室で。食べやすい大きさに切って冷凍保存するのもお勧め。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ