藤枝市 妊婦ワクチン優先接種へ 幼保、夏休み延長や登園自粛も

 重症化リスクが高まる妊娠中の新型コロナウイルス感染を防ぐため、藤枝市は23日、市内の妊婦のワクチン優先接種を行うと発表した。また緊急事態宣言の発出を受け、幼稚園や保育園に夏休みの延長や登園自粛を要請することも決めた。
 妊婦の優先接種は、感染して自宅療養中の千葉県の女性が自宅で早産し、新生児が死亡した事例などを受けての対応。藤枝市内の対象の妊婦は428人で、23日に接種券を配送した。妊婦の同居家族も対象になる。
 市内の幼稚園に対し、夏休みを31日まで延長するように要請し、預かり保育についても保護者に利用自粛を求める。保育園と認定こども園については原則開所するが、31日までは保護者に登園自粛を要請する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ