特集 : 函南町

パン作りのこつ伝授 函南で伊豆の国市の職人

 伊豆の国市で毎年1月に「パン祖のパン祭」を開いている実行委員会はこのほど、夏のパン教室を函南町の田方農業高で開いた。県東部の市町から21人が参加し、プロからパン作りのこつを学んだ。

杉山さん(左)から生地の伸ばし方などを教わる参加者=函南町の田方農業高
杉山さん(左)から生地の伸ばし方などを教わる参加者=函南町の田方農業高

 同市三福でパン店「ベケライ・ダンケ」を営み、パン祭を立ち上げた杉山大一さんが講師を務めた。参加者は杉山さんから生地の伸ばし方や麺棒の使い方を教わり、バターロールやクリームパンなど8種類のパンを作った。同校食品科学部の生徒も指導に協力した。
 来年1月22、23の両日に実施する第16回パン祭のプレイベントとして開催した。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む