ワーケーション 実態探る 森町・太田川ダム オンラインでセミナー

 ワーケーションの実態や今後の可能性を探る「太田川ダムから地方都市と企業の未来地図について考えるセミナー」(静岡新聞社・静岡放送、トムス主催)がこのほど、オンライン形式で開かれた。

オンライン形式で開催されたセミナーイベント=森町の太田川ダム
オンライン形式で開催されたセミナーイベント=森町の太田川ダム

 太田川ダム(森町亀久保)から配信を行った。働き方に関する研究に取り組む沢渡あまね氏、神田主税氏、入江真太郎氏が登壇し、「ワーケーションで見えた地方都市と企業の『課題』と『希望』」をテーマに対談した。
 沢渡氏はワーケーションで新たなアイデアやコミュニケーションが生まれると指摘。受け入れる側の環境整備の必要性を強調した。ワーケーションの推進に取り組む神田氏は受け入れ側からの要請は増加しているとして「一時的な流行ではなく、定着させたい」と語った。入江氏は受け入れ側の魅力発見にもつながると述べた。
 近年関心が高まっているワーケーションについて考える機会を提供しようと初めて開かれた。今後も継続的に実施するという。
 (袋井支局・仲瀬駿介)

いい茶0
メールマガジンを受信する >