身近な昆虫の標本など並ぶ 浜松科学館

 浜松市中区の浜松科学館で20日、「身近で気になる昆虫展」が始まった。8月31日まで。

身近な昆虫をテーマにした企画展=浜松市中区の浜松科学館
身近な昆虫をテーマにした企画展=浜松市中区の浜松科学館

 生活の中で目にする昆虫をテーマに、同館の「生き物博士」として活動する小粥隆弘さんがSNS上に名前や生態の分からない昆虫として投稿された50種類について、標本とともに生態などを解説した紹介文を展示した。
 公園のトイレなどで見かけるカマドウマや、コガネムシ、ガなどの多様な昆虫の標本をそろえた。小粥さんは「展示した昆虫は全て市内でも見られる。身近な虫に興味を持ってほしい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ